ポリツアーエア(YONEX)『説明・インプレ・評価』/ ソフト・コンパクトスイング・カウンター

スポンサーリンク

こんにちは。いのうえです。
今回はポリツアーエア(YONEX)について説明、インプレ、評価していきます!

✅本記事の信頼性

⭐️19歳からテニスコーチをはじめ、デ杯[男子国別対抗戦]直前に実施される男子日本代表合宿に、過去数度参加経験のあるコーチから学んだスキルや技術を生かし、数多くのレッスンを担当経験。25歳からテニス専門店で道具を学び、一人一人お客様に合った商品を提供。

⭐️ 説明

[品名]
ポリツアーエア
[メーカー]
YONEX
[素材]
ポリエステル
[構造]
モノフィラメント
[ゲージ]
1.25mmのみ
[カラー]
スカイブルー
[定価価格]
単張り-¥2,500+税(12m)
ロール-¥31,500+税(240m)

⭐️評価・インプレッション/ポリエステルとしての性能
[ポリツアーエア1.25mm ]

反発力 ★★★★☆ 4

弾き感は低く、ゆったりとした反発力です。
スイングスピードが速いと抜けてコントロールしにくい。コンパクトなスイングでタイミングで合わせていくと、ボールに伸びが出ます。

打球感 ★★★☆☆ 3

ホールド感が強く、柔らかい打球感です。
掴む感覚は少ないが、楽にボールが飛んでくれます。しかし、打ちごたえがなく、打球感としては高い評価は出来ません。衝撃吸収性を求める方には好印象なのかな、という印象です。

スピン性能 ★★★☆☆ 3

ホールド感が高いのでスピンは多少かけやすいですが、弾道は上がりにくいのです。
フラットドライブ系のスピン性能を求める方なら問題ないと思います。

サーブ ★★★☆☆ 3

コンパクトなスイングでもよく飛びます。
ホールド感が強いので、回転系もコントロールしやすいです。しかし、威力を求める方には抜けてしまうような感覚があります。スイングスピードが速い人には物足りなさを感じてしまいます。

ボレー ★★★★★5

タッチ系はポリ系の中で抜群の感覚。やや強めに叩いてもコントロールしやすい。アシスト能力が高く、とても扱いやすいです。

総括 18/25

ソフト系の柔らかいポリエステルストリングです。
ハードに扱うようなストリングではないのも理由の一つだと思いますが、ポリ系の中ではテンション維持が良い方だと感じます。

個人的には、ライジングショット、ボレー、リターンの3つのショットには大満足でした。コンパクトなスイングの時に、味が出るといった印象です。つまり、相手の威力を活かすようなプレイスタイルの方には、好印象のストリングだと感じます。


フレームが薄めのラケットよりも、フレームが厚いパワー系のラケットと相性が良さそうです。

デメリット

・スイングスピードが速いと抜けてしまう
・打ちごたえはない
・弾道は上がりにくい

ハードヒッターには向いてないストリングです。

⭐️おすすめしたいプレーヤー

✅初中級者ポリデビューをお考えの方。

✅コンパクトスイングの弾道低めのプレイヤー。

✅ネットプレーヤー。

✅ゆったりと週末エンジョイプレイヤー。

✅柔らかい打球感が好きな方。

✅ナイロンだと耐久性が持たないけど、硬めのポリ系には抵抗感がある方。

ポリツアーエア1.25mmはこちらから

ロールはこちらから

⭐️合わせて読みたい

同じメーカーのストリング(ポリエステル)

ポリツアーレブ
https://blp-blog.com/string-impression14/

ポリツアースピン
https://blp-blog.com/string-impression15/

ポリツアープロ
https://blp-blog.com/string-impression11-2/

ポリツアーストライク
https://blp-blog.com/string-impression13/

ポリツアーファイア
https://blp-blog.com/string-impression12/

こんなプレーヤーにおすすめのストリングになります(^^)
是非お試し下さい!!

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます!
一人でも多くの方が健康で最高のテニスライフを過ごせる事を願っております。

記事:井上馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。