アスタリスタ(TOALSON)説明・評価・インプレ/ バランス・オーソドックス

スポンサーリンク

こんにちは。いのうえです。
今回は”瞬感 ”シリーズ『アスタリスタ(TOALSON)』について説明/評価・インプレしていきます!

本記事の信頼性

⭐️19歳からテニスコーチをはじめ、デ杯[男子国別対抗戦]直前に実施される男子日本代表合宿に、過去数度参加経験のあるコーチから学んだスキルや技術を生かし、数多くのレッスンを担当経験。25歳からテニス専門店で道具を学び、一人一人お客様に合った商品を提供。

⭐️説明

[品名]
アスタリスタ
[メーカー]
TOALSON
[素材]
ナイロン
[構造]
モノフィラメント
[ゲージ種類]
1.20mm/1.25mm/1.30mm/1.35mm
[カラー]
ホワイト(全ゲージ)
125mm/130mmのみ→スーパーホワイト / ブラック / プティックイエロー / レッド / チェリーピンク / アスタリスタブルー

アスタリスタは異弾性複合コア(アスタリスタ)を採用し、芯糸の内部に硬めのナイロンを、その周りを囲む部分は柔らかいナイロンを使用しているナイロンモノフィラメントになります。
『ゆっくりなスイング』の時と『速いスイング』とでは、受ける印象が変わります!!

⭐️評価 モノフィラメントとしての性能
[ アスタリスタ 1.30mm ]

伸縮性 ★★☆☆☆ 評価 2

・モノフィラメントの中では、標準より少し低い伸縮性(テンション維持)
柔らかい感じが、早い段階で硬くなるような印象です。

反発性 ★★★☆☆ 評価 3

・ストリングがたわみゆったり飛ぶ感じ。弾くというよりは、マルチフィラメントに近い反発性です!
・ハードヒッターの方は、抜ける感覚はあまりなく、ボールにスピード感が出るので4になります!

打球感 ★★★★☆ 評価 4

・もっちり感
・ホールド感が高い
・ハードヒッターの方は、しっかり感が出ます!

スピン性能 ★★☆☆☆ 評価 2

 3でもいいのかな、と思いますが…
・ゆっくりなスイングであれば、ホールド感がありますが、スピンがかかるという印象はあまり受けません。
・スイングスピードが速い方は、ボールが飛び出ていく感があるので、フラットドライブのような印象です。

※スイングスピードの速い方は、テンションを高めにしないと、回転がかからずにアウトしてしまう

耐久性 ★★★☆☆ 評価 3

・モノフィラメントとしては標準になります。

総括 ★14個/25

性能として、全てのショットに対して、『可もなく不可もなく』と言う印象を強く受けます。
大きな欠点はないが、大きな利点もない、とてもバランスが良いストリングです。
カラーとゲージ種類が豊富なので様々なニーズに応えることができます。

デメリット

ハードヒッターほど、テンション維持が低くなる
柔らかいため、ストリングがすぐにズレます。
・中級者以上の方には、物足りなさを感じてしまうようなバランス設定なので、大きなデメリットもなければ、大きなメリットもないことがデメリットなのかな、という印象です。

⭐️おすすめしたいプレーヤー

初心者/新入部員/ジュニア/一般初級/中級者向け モデル

✅これからテニスを始めるのに、どのストリングが良いのか分からない、という方!

✅正直、ストリングにそこまでこだわりは無く、コストが低くて普通な感じがいい!


✅気分に合わせてカラーで選びたい!


✅耐久性は求めないから、細ゲージを試してみたい!

またはその逆で、耐久性を求める為に、太ゲージを試してみたい!

✅ストリングより、ラケットの性能を出していきたい!


✅ハイブリッドで横糸(クロス)はどれが良いのか分からない!

こんなプレーヤーにおすすめの商品になります(^^)

オーソドックスなモノフィラメントとして
言葉は悪いですが、様々なニーズに対しての『お試し』には最適のストリングと言っても良いのかな、という感じです。

特に、初めてストリングを張る際に、とてもおすすめのストリングになります!その後のプレイスタイルの確立や、ご要望が出てきた時に、とても比較しやすく、良い基準になるので、次のストリング移行しやすいのがとてもメリットになります!!

合わせて読みたい

似ているストリング

シンガットフォース(Babolat)インプレ
https://blp-blog.com/string-impression5/


最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます!
一人でも多くの方が健康で最高のテニスライフを過ごせる事を願っております。

記事:井上馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。