[硬式テニス]スマッシュが上手くなるコツ!!シンプルな考え方と3つのポイント!!

スポンサーリンク

『スマッシュが苦手』
『前にでるのが怖い』
『チャンスなのにミスをしたらどうしよう』

そう思ってしまう方は非常に多いです。

そこで、今回はスマッシュを徹底解説し、お悩みをサクッと解決していきたいと思います!

早速ですが

スマッシュが上手くなるコツの結論!!

準備動作の『素早さ』が重要で
良い打ち方よりも、良い打球を打てる『準備』があること
そのためには、『最短距離』を意識した練習とスマッシュは『ボレーの延長線上にある

という考え方を持つことで、スマッシュに対しての向き合い方もポジティブなものになり、スマッシュが得意なプレーになっていきます!!

本記事の信頼性

19歳からテニスコーチをはじめ、デ杯[男子国別対抗戦]直前に実施される男子日本代表合宿に、過去数度参加経験のあるコーチから学んだスキルや技術を生かし、数多くのレッスンを担当経験。25歳からテニス専門店で道具を学び、一人一人お客様に合った商品を提供。

スマッシュが上手くなるポイント!!

上手くなるためのポイント3点を上げます。

ポイント1 考え方

まずは、『ボレーの延長線上』にあるのがスマッシュと考えてることが理想です。
スマッシュとして考えてしまうことで、どうしても『担ぐという動作』や打ち方にこだわってしまう。
そうではなく、ハイボレーのさらに上でとらえる(ボレーの延長線上)と考えあるべきです。

ポイント2 打点の場所

フォア側でハイボレーを打つ時、インパクトする打点の場所はどこでしょうか?

インパクトする打点は、肩の上『頭上やや利き腕側』にあります。頭の上ではありません。

ポイント3 面の意識

どんなに良い動作(担ぐという動作)をしても、面がボールに対応していなければ、それはミスに直結します。

いきなり『担ぐという動作を意識』してしまうと、『打点と面が不安定』になってしまいます。

打点と面を安定させるにはどうすればよいでしょうか?

準備動作の素早さが重要
良い打ち方よりも、良い打球を打つ準備があること。
準備のコツ掴むには、まず「最短距離」で構えてとらえること!

という考え方のもと、練習をしていただくことです。


スマッシュが上手くなる練習方法!!

この3点のポイントを頭に入れて、実際にスマッシュを得意にするための練習方法をご紹介致します。

大きめの柔らかいボールを使用(2人以上で行います)
※ビーチボールもしくは、それよりもひと回りほど小さいビニールボールを使用。

ボールキャッチ 飛んでくるボールを狙い通りに打つための練習

練習1 両手で、取って返す


2メートルほど離れた位置から
片方は、『両手で優しく下からボールを相手の『頭の高さ』に投げる
片方は、『両手で、取って返す

練習2 手のひらで打って返す


同じように
片方は、『両手で優しく下からボールを相手の『頭の高さ』に投げる
片方は、『手のひらで打って返す

手のひらで打っても良いし
甲側で打っても
聞き手側とは逆側の手で打っても良いです。

練習3 タイミング

お互いが打って返しあう

慣れてきたら
手のひらではなく、指5本で打つ
右利きなら左側は左手の指5本で打つ
※必ず、大きめの柔らかいボールを使用してください。

練習5 ラケットで打つ

ネットがない状態でラケットで打ってみましょう。
大きめの柔らかいボールでボレーボレーをします。

タイミングを意識しましょう
タイミングが合わないとなかなか飛ばないです。
タイミングが合えばラケットを振らなくても良いことがわかります。

ボールに対するラケットの面の作り方、タイミングを覚えていきましょう!!

そのまま
テニスボールに変えて打ってみましょう!
タイミングが分かれば、『ボールを捕まえている感覚』が出てきます。

練習6 大きめの柔らかいボールを今度は頭の上で叩く

大きめの柔らかいボールを今度は頭の上で『軽く』叩きましょう!
まずは、ボールの位置に対し、手を最短距離にして叩くことを意識して下さい。
※ 最短距離とは手を遠くの位置にセットしない。手が視界に入る位置にあること。ボールの位置と手の位置を近い位置にセットする。遠回りしない。

練習7 ラケットで打つ

ラケットで打ってみましょう!
同じく『最短距離を意識』して打ちましょう

次に、ボールをコートにワンバンドさせて頭の上で打ちましょう!
※理想は、ボールが上がり切る前に打ちたい。

さいごにラケットで球出しをしたボールを打ってみましょう。
驚くほどにスマッシュが良くなります。

スマッシュが上手くなる方法 おさらい

準備動作の素早さが重要で
良い打ち方よりも、良い打球を打てる準備があること

そのためには、『最短距離』を意識した練習と

ボレーの延長線上にある

という考え方を持つことで、スマッシュに対しての向き合い方もポジティブなものになり、スマッシュが得意なプレーになっていくでしょう!!

補足として、今回大きなボールを使用した練習方法をご紹介いたしましたが、他の基本ショットでも大きな効果が期待できます。
今回は一つだけ例をご紹介致します。

大きめのボールに『回転をかける感覚』のまま、実際のテニスボールに切り替える。
ストロークであれば、テニスボールに回転をかけるイメージよりも『バランスボールほどの大きなボールを転がすイメージや感覚』を持つと、より分かりやすくなります。
是非、実践してみてください。

さいごに

本記事により
一人でも多くの方が、健康でより良いテニスライフを送ることを願っております。
記事:井上 馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。