第1章 [硬式テニス] 初心者 新入部員 完全ガイドマニュアル!!

スポンサーリンク

これからテニスを始める方や始めようか悩んでいる方、学校の部活動で、これからテニス部に入ろうとしている新入生、新入部員の方に向けた記事になります。
テニス完全ガイドマニュアル』として、本記事をご参考にしていただければと思います!!

『第1章〜第3章』に分けて進めていきます!!
完全ガイドマニュアルなので、少し長めですが
本記事の内容でテニスを知ることができれば、すぐに上達し、初級者へレベルアップするでしょう!

第1章
・テニスとはどんなスポーツか?
・テニスの基本ショット
・テニスのコートサーフェスとシューズ
第2章
・基本ルール
・おすすめのラケットとストリング
・テニスをプレイする場所について
第3章
・テニス初心者の基本練習
・上手くなるコーディネーショントレーニング

本記事の信頼性

19歳からテニスコーチをはじめ、デ杯[男子国別対抗戦]直前に実施される男子日本代表合宿に、過去数度参加経験のあるコーチから学んだスキルや技術を生かし、数多くのレッスンを担当経験。25歳からテニス専門店で道具を学び、一人一人お客様に合った商品を提供。

⭐️ テニスとは,どんなスポーツか?


限られたエリアで、ラケットを使い、ネットという『高さ』を挟んだ相手と行う『対人球技スポーツゲーム』です。
わかりやすく言うと、「相手」がいて「場所」「時間」をコントロールし
その相手より一球多く返球するかのシンプルなゲームです。

※よりテニスとはどんなスポーツか知りたい方は

をチェックしてみてください。テニスの基礎から練習法まで、徹底解説しています。

⭐️ テニスの基本ショット!!

✅ サーブ

ベースラインの外から、自ら『トス』(ボールを頭上に投げる)をし、基本的に高い位置から打つショットのことをサーブと言います。
打ったボールが、『サービスエリア』に入ればゲームが始まります。

✅ ストローク

ワンバウンドしたボールを打つショットのことを『ストローク』と言います!

・フォアハンドストローク

利き腕側のボールを打つショットを『フォアハンドストローク』と言います。

・バックハンドストローク

利き腕とは逆側のボールを打つショットを『バックハンドストローク』と言います。比較的に両手で打つ方が多いですが、ラケットの進化により、片手で打つ若手プロ選手が多く目立つようになってきています。

✅ ボレー

ノーバウンドでボールを打つショットを『ボレー』と言います。
ボレーも『フォアボレー』(利き腕)と『バックボレー』(利き腕とは逆)があります。

低い位置で打つショットを『ローボレー
胸から頭付近の高さで打つショットを『ミドルボレー
頭より高い位置で打つショットは『ハイボレー』と言います。
『ハイボレー』よりも、高い位置で打つショットを、『スマッシュ』と言います。
よくボレーとは別の括りで表現することが多いですが、ボレーの延長と捉えてあげた方が良いでしょう。


⭐️ テニスコートの種類と対応シューズ!!

①砂入り人工芝コート(オムニコート)

人口芝に砂が混じったコートです。
水捌けがよく、多少の雨でも、プレーすることが出来ます。
日本で最も多いコートになります。

特徴
球足は遅い。
・ボールはあまり弾まない、跳ねない。
・足元はかなり滑る

②クレーコート

土や砂のコートです。

特徴
球足は遅い
・ボールはよく弾む
・イレギュラーも多い
・足下はかなり滑る

砂入り人工芝コート(オムニコート)、② クレーコート
対応シューズ
砂入り人工芝コート・クレー用 』のシューズ。
砂入り人工芝コート・クレーコート、両方に使えます。

靴底は滑り止めのため、ほりを深くし、ストップが効くようにしてあります。

初心者、新入部員におすすめ入門モデル

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/shoes/power-cushion-104.html

幅広型向けのの4Eワイドタイプ

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/shoes/power-cushion-107d-wide.html

③ハードコート

硬質の素材で覆われている固いコートです

特徴
球足は速い
・ボールはよく弾む
・滑りはほとんどなく、ストップがよく効く。

硬いコートなので足が疲れやすい。体の負担が大きい。

対応シューズ
オールコート用』のシューズ。

・どのようなコートでも対応できるシューズ。
・ハードコート専用シューズもありますが、オールコート用シューズは高機能で履きやすいシューズが多いので、初心者の方や、部活の進入部員の方にはオールコートシューズをおすすめします。

※オールコートではありますが、危険な場合もあるのでカーペットコートでの使用は基本NGです。

初心者、新入部員におすすめ入門用モデル

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/shoes/power-cushion-204.html

幅広型向けの4Eワイドタイプ

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/shoes/power-cushion-207d-wide.html

④カーペットコート

インドアのテニススクールに多いコート

特徴
球足はやや速め
・ボールはやや弾む
・滑りはほとんどなく、ストップがよく効く

対応シューズ
カーペットコート用専用』のシューズ。

カーペットに足がひっかからないように、靴底は平らで摩擦を減らし、つまずきを防止してくれます。
カーペットコートでは、カーペットコート専用のシューズを履きましょう!

カーペットコート専用のシューズは各メーカーに1つか2つのモデルのみの販売になります。

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/shoes/power-cushion-506.html

コートサーフェスにあった専用のシューズを履いてプレイをするのが理想です!!
ですが、まだ激しいフットワークを必要としない初心者の方や、コートの中では練習できない新入部員の方には『オールコート用のシューズ』をおすすめします。

第2章へ続く

記事:井上 馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。