どんなレベルでも簡単にできる!サービスキープ率アップの秘訣/[サーブの種類・コース・球種]

スポンサーリンク

こんにちは!いのうえです。
今回は『どんなレベルでも簡単にできる。サービスキープ率アップの秘訣』について解説していきます。

⭐️自己紹介

19歳からテニスコーチをはじめ、デ杯[男子国別対抗戦]直前に実施される男子日本代表合宿に、過去数度参加経験のあるコーチから学んだスキルや技術を生かし、数多くのレッスンを担当経験。25歳からテニス専門店で道具を学び、一人一人お客様に合った商品を提供。

⭐️はじめに

キープ率を上げるために考えること、それは…
打ち込まれない工夫をすること』です。

つまり『相手に的を絞らせない工夫』が必要なります。
そのためには自分の打つ『サーブの種類を増やすこと』がサービスキープ率アップの秘訣になります。

✅サーブの種類を増やす

❶コースを変える

相手に的を絞らせないために同じ位置からコースを変えることは、とても重要になります。

コース

センター、ワイド、ボディ

これで3種類のサーブを打つことになります。
更に、球種を覚えればキープ率アップが高まります。

❷コースと球種の組み合わせ

同じ立ち位置から9種類のサーブを打つ

コース

センター、ワイド、ボディ

球種

フラット、スライス、スピン

3×3=9種類のサーブを相手の選択肢に入れることが出来ます。

とはいえ…

・そんなに球種を増やすのは難しい
・コースにコントロールするのは難しい
・技術を取得するのは難しい

そんな方に是非やっていただきたいことが2つあります。

立ち位置を変える
スピードを変える

ということです。

え?それだけ?と思われるかも知れませんが、これだけでかなりの効果を得ることが出来ます。

ご自身がリターンをする時を想像して見てください。
急に、相手が打つ立ち位置を変えてきたらどうでしょうか?
急に、相手が速いサーブを打ってきたらどうでしょうか?もしくは、急に遅いサーブを打ってきたらどうでしょうか?
違和感を覚えると思います。何故なら、相手が何をしてくるか想像ができなかったことにより、リズムが崩れるからです。

違和感を与え、気持ちよくリターンをさせないことがとても重要なのです。更に、そこにコントロールがついてくれば、とても効果的なサーブを打てることになります。

❶立ち位置を変える

*立ち位置(ポジション)

センター

*コース

センター、ワイド、ボディ

*立ち位置(ポジション)

ワイド

*コース

センター、ワイド、ボディ

3×3=6種類

❷スピードを変える

コースにコントロールすること、球種をたくさん覚えること、難しければ、スピードを少しでもいいので変えてみるだけでもOK!!

単純に遅いサーブと速いサーブの2種類のスピードとコースの組み合わせが出来れば…

6×2=12種類

これだけで12種類のサーブを打つことが出来ます。

⭐️まとめ

サーブのキープ率を上げるためには、相手に打ち込まれないための工夫をする。つまり的を絞らせないことです。そのためには、サーブの球種とコースへのコントロールを身につける必要があります。

球種とコースが難しければ、立ち位置やサーブのスピードを工夫しましょう。

ダブルス、シングルスどちらにおいても、相手に打ち込まれない工夫をすることでサービスキープ率は上がります。

⭐️合わせて読みたい

読むとダブルスが上手くなる

・ポーチボレーの成功率を上げる4つのポイント
https://blp-blog.com/doubles03/

・前衛と後衛の役割が分かる/雁行陣の基本
https://blp-blog.com/doubles05/

・リターン攻略・コツ/サービスダッシュしてくる相手に対して効果的な4パターン
https://blp-blog.com/doubles06/

・サーブから並行陣を作るためのファーストボレーを安定させるコツ
https://blp-blog.com/double
s01/

・ミックスダブルス 男性の役割
https://blp-blog.com/mix-doubles-men/

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます!
一人でも多くの方が健康で最高のテニスライフを過ごせる事を願っております。
記事:井上馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。