[ミックスダブルス完全攻略]/駆け引きの成功率を上げる男性の役割とは。

スポンサーリンク

こんにちは、いのうえです。
今回はミックスダブルスの『男性』の役割について解説していきます。

⭐️はじめに

男性の役割は…

最適なポジショニングで女性ペアをリードし、カバーリングする。
配球を考えて、相手にプレッシャーをかけること。

具体的にご説明していきたいと思います。

男性はパワーでねじ伏せるような威力のあるショットで相手に大きなプレッシャーをかけることが出来ますがカウンターをくらってしえば、それは味方女性にとっては不安を感じてしまうことになります。
また、威力だけに頼ってはミスも増えてしまうでしょう。
それでは益々、女性は不安になり、何をすれば良いのかが分からなくなってしまいます。


そもそも、ダブルスは2人で協力し合い、良い信頼関係(コミニュケーション)を構築することが大事です。
片方が自分勝手に行動したり、片方に任せっきりにしてはいけません。
片方がセンターセオリーなら片方もセンターセオリーの意識を持つこと。
また、2人で同時に攻めの意識を持つことも良くありません。
逆襲を食らってしまった時でも対応出来るように片方が攻めている時は片方が守りの意識を持つ。


つまり、お互いを理解し合うことが重要でしっかりと役割分担をすることでポイントの獲得率を上げることが出来ます。
ダブルスの本質は、お互いを理解し合い、信頼関係(コミニュケーション)を構築することにあります。
良い信頼関係が生まれることで、2人が協力し合うことが出来ます。


ミックスダブルスはフットワーク、スピードで勝る男性が女性を不安にさせないように状況を把握して、最適なポジションで上手にリードし、カバーリングする。
そして、威力だけに頼るのではなく配球を考えて相手にプレッシャーをかけることで女性は何をすべきかが分かりやすくなります。
すると、女性は男性に任せっきりにしないで、しっかりとフォローをすることが出来るのです。


このような信頼関係がしっかりしていて、それぞれの役割を理解しているペアほど、効果的に有利な状況を作ることが出来ます。

つまり、男性の役割は

最適なポジショニングで女性ペアをリードし、カバーリングする。
配球を考える。
相手にプレッシャーをかける。

⭐️男性の役割

最適なポジションで女性をリードし、カバーリングをする

*カバーリングの範囲を知る

お互いがどんなプレーが得意不得意なのかを知り、どういう形やパターンでポイントを積み重ねるのか。
また、どんな形になると不利になってしまうのかを考えましょう。
男性は女性の不得意な場所を理解し、得意な場所は任せる。
このようにして、自分がカバーリングするべき範囲を知っておく必要があります。

*相手を観察し、作戦を立てる

女性をリードしていくためには相手の得意としているプレーや苦手な部分は何なのか考えて、作戦を立てる必要があります。
作戦を立てるには相手をよく観察しなければいけません。

そのためには『ファーストタッチの確率とコントロールを上げる』ことです。

ファーストタッチの確率とコントロールが上がることで精神的に安定します。
すると、余裕が生まれ相手をより観察することが出来るのです。

・サーブ(ファーストサーブ)
・ファーストボレー(前に出るのであれば)
・リターン


強いボールは要らないので、コースへのコントロールと確率を上げて相手をしっかり観察しましょう。

*男性はペース配分を考える

男性の守備範囲は広めで、女性が速く走らなければいけない時は男性がカバーをしなければいけません。
序盤から全力で動き回ってしまうと、後半の大事な場面で体力切れになってしまいます。

*最適なポジションを考える

相手の能力や状況に対してポジションを考えて、ポイントの獲得率を上げます。
ポジションを変えることで、相手に違和感を与えて気持ちよくプレイさせないようにしましょう。

相手前衛男性のポーチ力やサーブ力が高ければ、ツーバックにポジションを変える。

ロブが多ければ、ポジションを下げる。

相手男性サーブの回転量が多ければ、ポジションは下げないで上げる。変化する前に打つイメージ。

女性ペアがリターンする時のポジションを工夫する。
女性ペアがパワーのある相手男性のサーブをリターンする時はポジションをやや後ろのセンターに寄りにして、女性ペアが振り遅れてストレート方向にリターンしても対応出来るようにしておきましょう。

相手のバランス、体勢を見て予測する。
相手が打点に入れてない場合や走りながら打点に入ろうとしてる状況では、ロブが上がりやすい。
ポジションを上げ過ぎないで、ロブに対応できるようにポジションを考えましょう。

配球を考える

そもそもダブルスのセオリーは『相手のボールを浮かせるための工夫』をすることです。
いかに、ミスの確率を低くして相手のボールを浮かせるかを考えます。
ミックスダブルスにおいても同様です。

また、ミックスダブルスは女性へ配球が多くなるので、相手男性が前衛にいる場合は積極的に動いてきます。
ポーチの阻止』を考えた配球しなければいけません。

*相手のボールを浮かせるための工夫

✅女子を狙うのがセオリー!?

テニスは紳士のスポーツだということを忘れてはいけません。
つまり、女性の体めがけて…なんてことは紳士のスポーツとは言えません。

ここでの狙いたい場所は、女性のバック側です。

届くか届かないかくらいの場所に打つと有効。
男性がカバーしようと動けばオープンスペースが生まれる。

苦しい時や困った時はバックの高い場所。
やや短くなってもいいので、この場所にロブをあげることはとても有効です。

✅チャンスは相手の間を狙う

相手の間(センターセオリー)を攻めることで相手の陣形を崩しやすくするだけでなく、ネットの一番低いところを通すことが出来ます。
サイドアウトの危険性もなく、ミスの確率を減らします。

✅陣形を崩す配球

後衛女性の前のスペース
このスペースに配球し、相手ペアを一ヶ所に引き寄せることで相手陣形を崩しやすくします。
前衛の頭上を通すロブ
陣形を崩し、相手のミスを誘うことも出来るので、とても有効です。

✅並行陣でのボレー

ボレーボレーになったら攻め急がない。
無理をしないことが重要です。
浮かせないことを意識してセンター付近か相手女性のバック側にコントロールする。

✅サーブの配球

スピードではなくコースを優先する。
基本はバック側にコントロールしましょう。

ファーストサーブの確率を上げることはゲームにおいてとても重要です。
ミックスダブルスの場合、ボールのスピードを上げてしまうと、当然返球もスピードも速くなります。
すると、味方女性は対応することが難しくなってしまいます。

更に、どこにサーブを打つのか分かっているだけで、味方女性は対応しやすくなりミスが減ります。
どのコースにどういうサーブを打つか。
この再現性を高めることで、味方女性は安心してポジションを取りやすくなります。

対女性のショットの選択

女性はコンパクトなテイクバックからフラット系に低い弾道で打つプレーヤーが多いです。その場合は、同じようにフラット系の低い弾道のショットではなく、先に高い弾道のスピンショットを打ち、ボールを浮かせやすくします。
バック側の高いところは有効です。

*ポーチの阻止

✅試合序盤でストレートに

対女性とクロスのストロークになった時、試合の序盤で相手前衛男性ストレートに打っておくことで、クロスボールを打ちやすくする

✅リターンの選択

相手前衛男性の前衛の動きが厄介な場合は、センター付近にロブリターンが効果的です。

✅ツーバックの陣形に変える

ポーチでやられてしまっている状況では、陣形をツーバックに変えて対策をします。

相手にプレッシャーをかける

冒頭でお伝えした通り、威力だけに頼るのではなく、動きやポジショニングで相手にプレッシャーをかけます。

積極的なポーチ
相手の時間を奪う
相手に無理をさせる

*積極的なポーチ

前衛では積極的に動き、相手にプレッシャーをかけます。

✅ポーチの準備

以下の状況になった時にポジションをセンター寄りにして、ポーチの準備をして成功率を上げます。

・相手陣形が崩れた時
・ロブに対して相手がバックのハイボレーで対応した時
・相手の足元にボールが沈んだ時
・相手をコートの外に追い出した時
・同じテンポのラリーが続いた時
・ペアが良いサーブやストロークを打った時

・センター付近に配球できた時
・女性対女性のクロスラリーから味方が深く良いボールを打った時
・相手が下がり気味の対応で味方女性の方につなぎのショットを打とうとしている時

✅前衛の動きでプレッシャー

・大胆なフェイントで存在感を出す。
・アレーの外側に入るようなボールは捨てる覚悟で、ポジションはセンター寄りにする。
・雁行陣の相手にプレッシャーをかけるポジショニング。
(青→男性 ピンク→女性)

相手後衛男性(青)対味方後衛女性(ピンク)のクロスラリーの場合は、左右の動きをして相手後衛男性にプレッシャーをかける。

味方女性にストローク力があれば、プレッシャーをかけるために味方女性がボールを打つ時はポジションをあまり下げない
前で左右の動きをして相手後衛男性にプレッシャーをかけることを優先する。

*相手の時間を奪う

相手の緩めのボールは威力ではなくタイミングを早くして、相手の時間を奪います。

✅女性サーブをリターン時の注意点

相手前衛男性には捕まりたくありません。
前に踏み込みながら出来るだけ前のポジションでリターンします。
距離が近くなることで相手前衛男性はポーチに出にくくなるだけでなく、そのまま前に出やすくなります。

*相手に無理をさせる

ポジションや配球を工夫し、相手に無理をさせます。

✅相手の打てる範囲(角度)を考えたポジショニング

 プレッシャーをかけるために、難しい範囲(角度)は捨てる覚悟で、相手が最も安全な場所(センター付近)よりにポジショニング。  

⭐️さいごに

ミックスダブルスは男性が、いかに女性をリードすることが出来るかが重要です。
パワーもスピードも違う男女がペアを組み、相手に対してどのようなテニスをすれば力を合わせることが出来るかを考えるところが最大の面白さだと感じます。
ゲーム終盤の駆け引きは特に面白いです。
その駆け引きを成功させるためには、まずはサービスゲームをキープすることが必要です。
そのためには、しっかりと役割を理解しましょう。
そして、ご自身のプレースタイルによって自らのセオリーを作り出していき、戦い方を工夫していくことが重要になると思います。

⭐️読むとテニスライフが豊かになる

知るとダブルスが上手くなる

・ミックスダブルスのコツ・攻略/強気なプレーができる女性の役割とは
https://blp-blog.com/mix-doubles-woman/


・ポーチボレーの成功率を上げる4つのポイント

https://blp-blog.com/doubles03/


・前衛と後衛の役割が分かる/雁行陣の基本
https://blp-blog.com/doubles05/


・リターン攻略・コツ/サービスダッシュしてくる相手に対して効果的な4パターン
https://blp-blog.com/doubles06/


・サーブから並行陣を作るためのファーストボレーを安定させるコツ
https://blp-blog.com/doubles01/

・知らないと損する!?ダブルスの基本戦術センターセオリー
https://blp-blog.com/doubles02-2/

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます!
一人でも多くの方が健康で最高のテニスライフを過ごせる事を願っております。
記事:井上馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。