テニス・ストローク振り遅れの原因・防止、改善/3ポイント/初級者、中級者レベルアップ

スポンサーリンク

こんにちは。いのうえです。

振り遅れのミスショットでお悩みの方は多いのではないでしょうか。
更に、テニスの本質は相手と関わりを考えるということです。
しかし、ご自身のフォームにこだわりすぎたり、ボールだけに集中してしまいがちです。
そのため、振り遅れのミスショットだとは気づいていない方もいらっしゃるかもしれません。

つまり、振り遅れのミスショットを防止、改善することができれば、テニスの本質と向き合うことができるので、多くのミスが減り、レベルアップに繋がります。

振り遅れの解決方法として、一番に上がるのが『素早いテイクバック』です。
もちろん、素早いテイクバックは重要です。
しかし、ただ素早くテイクバックをすれば良いというわけではありません。
では、何を注意して、意識をすれば防止、改善に繋がるのでしょうか。

今回は、分かりやすく振り遅れミスを解決するために重要な3ポイントをご紹介して
解説していきます。是非ご参考にして頂ければと思います。

振り遅れの原因・防止・改善/3ポイント

 ポイント❶ 打点の安定

打点が毎回バラバラで不安定になってしまうと、テイクバックが早くてもスイングをするリズムが毎回バラバラになるので、タイミングがズレてしまいます。それが振り遅れミスの原因になってしまいます。

まずは自分の打点を知る必要があります。

一番力が入る場所で、打ちたい方向に面を真っ直ぐ向けてみましょう。

✅身体のやや前 一番力の入りやすい場所

✅身体の横 力が入りにくい場所

身体の横や前過ぎると力が入りにくいので、上手く伝わりません。
写真のように身体のやや前で面を作り、手で押してもらうと力の入りやすい場所が分かります。

毎回、自分の打点で打てるように、テイクバックをした所から一定の同じリズムでスイングするように意識してみましょう。
そのためにはボールだけではなく、

相手をよく見て、素早く判断

をして、なるべく早く、フォアかバックかを選択しましょう。

ポイント❷ 意識的に早く、正しくテイクバック

打点がしっかり分かったところで、次のステップです。

冒頭でお伝えしたように、『素早いテイクバック』は振り遅れミスの防止の一つです。
分かっているけど、これがなかなか出来ないという方も多いと思います。

まずは、ラリーの中で行うのではなく、手出しの練習からスタートして、意識的にテイクバックを早くする練習をしましょう。
投げられた(手から離れた)瞬間に意識的に素早くテイクバックをします。
この時に注意したいポイントがあります。

✅手で引かない、お腹を横に向ける、肩を入れる

手(腕)で引いてしまうと、後ろ(テイクバック)が大きくなってしまうため、振り遅れミスにつながってしまいます。
また、無駄な力みでスイングがズレて、振り遅れる原因に繋がります。
腕はラケットを支える程度で、

お腹を横に向け、肩を入れて、身体をターンさせましょう。

右利きフォアであれば、左肩の上にアゴを乗せるイメージです。お腹がネットに対して横を向くイメージで、肩を入れて身体をターンさせましょう。
腕は体の前で、身体(お腹)をターンさせてテイクバックをすることで体幹を意識することができるので、腕に不必要な力が入りにくくなります。

ラリーになった時は、ボールが自分のコートでバウンドする前にテイクバックは完了している形を作ることが理想です。

ポイント❸ ラケットをブラブラさせない

ラケットヘッドをしっかり回してスイングしようとすると、良いボールは出るけれど、ミート率が落ちてしまいます。
すると、打点がズレてしまうので振り遅れの原因に繋がります。

まずは、良いボールを打とうとするのではなく

ミート率を上げて、精度を上げましょう。

少し、力を入れてテイクバックしても構いません。
ラケットがブラブラしないように、テイクバックからスイングをしてボールを打ってみましょう。
そこから少しずつ、余裕がある時にラケットヘッドを回してスイングをしてみましょう。

おまけ

速く、深いボールには…

打点を安定させ、素早いテイクバックから一定のリズムでスイングすることは重要です。
しかし、速いボールや深いボールに対して振り遅れないためには、

テイクバックをコンパクト

にして、無理に身体をターンさせなくても良いので、相手のボールの勢いを利用します。
しっかり面を作り、打点に注意して前に押すように打ちましょう。

速く、深いボールに対応するためにも、相手をしっかり観察して素早い判断をすることが重要です。

さいごに

いかがだったでしょうか。

振り遅れのミスショットを防止、解決することができれば、打点が安定して、良いリズムでスイングをすることができます。
すると、ミスは大きく減るので、上達は早くなります。
そして、更に相手を観察する余裕もできるでしょう。
そうすれば、相手の打つボールを予測することができるので、更に判断と選択が早くなってミスが減り、良いプレーに繋がります。

振り遅れのミスショット防止、解決の3ポイントはテニスを進めていく上で、非常に重要なポイントです。
なので、練習では手出し→ラケット出し→ラリー→ゲーム、という流れで難易度を少しずつ上げて素早いテイクバックをするクセを身につけてミスを減らしましょう。

合わせて読みたい

ストロークが上手くなるコツ

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます!
一人でも多くの方が健康で最高のテニスライフを過ごせる事を願っております。

記事:井上馨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。